October 15, 2014

「心を開く」ということについて、前回書いてきましたが、もう少し続けたいと思います。

 

「心を開く」ことというのは、カウンセリングでよく扱われるテーマです。

それは、人間関係のテーマで、周囲の人に対して、どのように、どのくらい心を開いて行けばよいのかということを指しています。

これについては、いろいろなパターンがあるかと思います。

 

とても辛くて悲しい出来事があって、人を信じることができなくなり、人と関わりあいたくない気持ちになったり、人と関わることが不安な気持ちや怖い気持ちになったり、あるいは、どんなふうに人と付き合っていけばよいのかわから...

September 16, 2014

前回のつづきです。

 

前回にあらすじで書きましたが、ヴァージルの働きかけにより、クレアはヴァージルに姿を見せることができるようになりました。

ヴァージルは、家からは出られないクレアと(彼女は「広場恐怖症」なのです)、彼女の家の中で食事をしたりして過ごすようになります。

ある日ヴァージルは、自分の生い立ちについて話しました。なぜ凄腕の鑑定士になったのか。

彼は幼少期から養護施設で暮らしていました。それがなぜかは語られていません。

厳しい施設での生活の中で、何か問題を起こすと、罰として、教会の美術修復の仕事を手伝わされました。それに興味を持ったヴ...

September 10, 2014

「鑑定士と顔のない依頼人」のDVDを見ました。
映画館で見たかったのですが、逃してしまったので、レンタルで。
結末にびっくり~。
いろいろと考えされられました…。

ここからはネタバレ満載ですので、まだ見てないかたは、ぜひ先にご鑑賞ください~。

 

「鑑定士と顔のない依頼人」ストーリーWebサイトより
物語の始まりは、ある鑑定依頼。引き受けたのは、天才的鑑定眼をもち、世界中の美術品を仕切る一流鑑定士にして、オークショニアのヴァージル・オールドマン。それは、資産家の両親が亡くなり、屋敷に遺された絵画や家具を査定してほしいという若い女性か...

August 28, 2014

野口みずきさん。

2004年アテネオリンピック女子マラソン金メダリストです。

その後も、国内外の試合で優勝などの好成績を収められました。2007年には、日本選手として史上初めて、東京・大阪・名古屋の国内三大女子マラソンを完全制覇しました

2008年北京オリンピック代表となりましたが、開会直前に怪我をして、欠場されました。

怪我は、速さの秘訣でもあるストライド走法による影響が大きく、それを止めなければ、怪我を治すことは難しいと医師に言われました。

怪我はなかなか治らず、さらに怪我を重ね、数年がたちました。

「どん底まで行った」そうです。

監督と話を...

April 3, 2014

ある人との会話や関係がしんどかったり辛く感じているとき、あなたとその人とのこころの距離感が近すぎているというお話の3回目です。

「あなたにとっては近すぎますよ~」というアラームは、あなたが感じる「不快感」そのものでした。

そして、それを感じない程度にまで、実際に、あるいは心理的に距離をとることが対応のポイントであるというのが前回までです。

今回は、そのアラームが壊れてしまっているのか、不快感を感じない、自分がしんどいかどうかわからないような場合についてです。

 

「不快感」は、なんとなーく嫌な気持ちになった…とか、ちょっとイラッとした…...

March 12, 2014

人は、人との関係の中で生きています。人は、人との関わりを全く持たない状態で産まれ、生きていくことはできません。

そのため、人間関係は、生きていく上で大きな影響を及ぼします。

人間関係は、大きな喜びや楽しみを湧き起こすこともあれば、時にややこしく、難しく、苦しく感じます。

相手が自分に影響のある関係であればあるほど、その思いは強くなるでしょう。

「問題」は、人間関係において、難しさや苦しさを感じているときに起こっています。

 

カウンセリングで人間関係がテーマになっているとき、悩んでいる方のほとんどは、自分が苦しめられている側です。ひどいことをさ...

January 22, 2014

いつでもどこでも(?)簡単マインドフルネスのつづきです。

前回「マインドフルネス(2)」では、歩行を取り上げましたが、運動はよい方法です。
ヨガは文字通り「心と身体を結びつける」ものです。スポーツタイプのものよりはゆっくりしたものが、マインドフルネスとしては適していると思います。
水泳やジョギングなども、集中してやりやすいと思います。自分の呼吸やからだの調子に目を向けながら…。
もちろん、その他の運動もいいですよ~!
ポイントは、自分の心と身体の「今」に集中する、です。

マインドフルネスのワークショップなどでは、「レーズンを食べ...

January 15, 2014

『4枚組のCDで実践する マインドフルネス瞑想ガイド』 (J・カバットジン)。 
「マインドフルネス」の瞑想(メディテーション)を毎日1日1時間~!!! 
と、それだけでもう腰が引けてしまう気持ちになってしまった方。 
そうですよね…。 
その「時間を作れる」人は、すでにもう「マインドフルネス」への第一歩は踏み出しているのかもしれません。 
前回の「マインドフルネス(2)」の初めに書いたような状態で困っている人は、そんな時間をもつ余裕もなくて、辛い気持ちになっていると思います。 
「マインドフルネス瞑想法」がいいと思っても、それが実...

December 25, 2013

カウンセリングでは、いろいろなテーマが持ち込まれます。
その中で、自分が「大人げない」とか、「子どもっぽい」という気持ちを語られることがあります。
そして、そういう自分に対して、恥ずかしい、悔しい、いたたまれない、もどかしい、辛い、イライラする、というような気持ちを感じています。
そのような「ネガティブ」な気持ちを感じているのは辛いことで、落ち込み、自分を情けなく思ってしまっています。

Aさんのカウンセリングは、何かにつけてイライラして怒ってしまう自分をどうにかしたいというテーマでした。
怒りは特に家族に対してよく表わされていまし...

December 10, 2013

次のような場面で、あなたはどんなふうに応えますか?
  

ある日、あなたの知り合いがこんなことを頼んできました。

「今度のミーティング、私が司会をすることになってるんだけど、代わってくれない?その日、行きたいコンサートと重なってるんだ。もう実はチケットを買ってしまったんで…!」
「えー、もう買ったって!?」とあなたは内心驚きました。これまでにもいろいろなことがあって、あなたはその人に対して良い印象を持っていない上に、人前で積極的に話すのが苦手なあなたは、この依頼がうれしくありません。
さて、この依頼にあなたはどんなふうに応えますか?

 

...

Please reload

Recent Posts
Please reload

タグ
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

気づきを深める。全体性をつちかう。

Copyright © 2013 VIEW Therapy & Counseling. All right reserved. ​