July 14, 2014

「DVのカウンセリング①」で、DVのカウンセリングにおける、第一段階目のテーマである、暴力の状況の判断と対応について書きました。
ここで、もう一つ大切なことを書きたいと思います。それは、暴力そのものについてです。

DVという言葉は、ドメスティック・バイオレンス(Domestic Violence)の略です。
この言葉が一般的になってきたのは、日本でDVの法律である「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」が成立した2001年より少し後になってでした。
その頃は、「DVのことで相談したいのです」と言って問い合わせる人は...

June 3, 2014

暴力があっても、それがどのような種類の暴力であるかに関わらず、別離(=離婚)の方向に進む場合も、相手との修復に進む場合もあります。

カウンセリングに来られる方は、カウンセリングに来るまでにたくさん悩んでおられます。

 

暴力がとても恐ろしく、深く傷ついたこと。

でも話に聞くのに比べると、この暴力はそれほどたいしたものじゃないのかもしれないという気持ち。

また暴力があるのではないかという不安と緊張。

相手への信頼が失われていることへの哀しみと寂しさ。

これからどうなるのか、相手とやっていけるのかどうかについての迷いや不安。

自分も悪かったんじゃないか...

May 12, 2014

DVのカウンセリングは、大きく三つの段階に分けることができます。

一つは、現在、配偶者や恋人などとの関係が継続中で、被害を受けている状況、二つ目は、相手との別離を決意し、それを実行に移す段階、そして三つめが、別離の後、です。

これらそれぞれに、注目するポイントが異なります。

そしてこれらのどの段階でも共通するのが「エンパワメント」です。

 

今回は、まずは一つ目の、暴力をふるう相手との関係が継続中の状況でのカウンセリングについて書いていきます。

 

この段階でのカウンセリングのポイントは二つあります。

一つは、暴力の状況の判断と対応です。加害者であ...

Please reload

Recent Posts
Please reload

タグ
Please reload

Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

気づきを深める。全体性をつちかう。

Copyright © 2013 VIEW Therapy & Counseling. All right reserved. ​