「すべての山に登れ」

紅葉の季節。 近くの山に行きました。紅葉がきれいでした~。 見上げれば色づいた紅葉と空。足元は枯れ葉がカサカサと優しい音をたてていました。 今年は急に冷え込んだためか、とてもきれいな紅葉のようです。

時々、近くの山を散歩しますが、昔はちょっと本格的な登山をしていました。 「山ガール」も「中高年の山歩き」もまだなかった頃、山は比較的静かな場所でした。 ハイキング程度のときは、連れとおしゃべりしながら歩くのも楽しかったのですが、難易度が高い山は、ただただもくもくと歩いていました。 私はどちらかというと、ただもくもくと歩くのが好きなようで、周りの景色や、木々や鳥に目を向けることがあまりありません。 「もうちょっとゆったり楽しみながら歩きたいな~」と思って次の山に行っても、結局もくもくと歩いて終わっているのでした…。 山の楽しみ方は、それぞれですね。 山を歩く、ということについては、こんな歌があります。 「サウンド・オブ・ミュージック」という映画に出てくる歌なのですが、ご存じですか? 主人公のマリアが、自分の歩む道に迷ったときに、修道院長がマリアに歌った歌です。

すべての山に登れ

すべての山を登りなさい 高きも低きをたずね あなたの知るすべての道 あらゆる小径をたどるのです すべての山を登りなさい あらゆる流れを渡り あなたの夢を見つけだすまで あらゆる虹を追え あなたが与えうる限りの愛 その必要としている夢 来る日も来る日も あなたが生きつづけるかぎり すべての山を登りなさい すべてのせせらぎ 流れを渡り あなたの夢を見つけだすまで すべての虹を追うのです (Sound of Music, "Climb every mountain") 生きていく中で起きる迷い。方向性を見失って、立ちつくしてしまうような時。 暗闇の中で、トンネルの中で、身動きができないようなこと。 そういうなかでも、実は、人は歩き続けているのではないでしょうか。 どこに向かっているかわからないけれど、ただただ歩いている。 それは、すべての山に登っている、その途中にいるように思います。 VIEWは、そうやって歩いている人の、水場のような、止まり木のような場所でありたいと思っています。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic