妊娠と東洋医学

妊娠時期は、生命力が一番高くなる時期です。

あなた自身とお腹の赤ちゃん。2人以上の生命が育まれる、特別な期間です。

東洋医学でいう「氣」も、満ち満ちています。

妊娠中は、体温が高い状態が続きますね。いのちを育むには、熱(エネルギー)が必要です。また、お腹の赤ちゃんは、細胞分裂を繰り返す、熱エネルギーの塊のようなものです。

そう言われても、いつも疲れやすく、しんどいんですけど…という方もいらっしゃるかもしれませんね。では、こんな風に想像してみて下さい。

あなたは、これまで、あなたのこころとからだ、そして魂の乗り物でした。

でも、妊娠中のあなたには、あなた自身に加え、あなたの赤ちゃんのこころとからだ、そして、魂をも宿っているのです。

あなた一人だと、それなりに過ごせてきたけれども、新たないのちを育むために、つわりや倦怠感という形で、より快適なからだ環境へと整えてくれているのです。やはり、これは生命力の高さ故です。

いのちを授かり、育むということは、神秘的で神々しくもあり、また、とても現実的な営みです。生き物がこの世に存在して以来、受胎して妊娠、そして出産という営みが連綿と繰り返されています。あなたは、そのいのちの繋がりのまっただ中にいるのです。

お腹の赤ちゃんと、血液を介して栄養や酸素を送り、そして、排泄物や不要なものを受け取っています。その間、赤ちゃんは、目まぐるしい進化を、十月十日の間に成し遂げるのです。

赤ちゃんが一生懸命にいのちを育むのと同じく、あなた自身にも一生懸命にいのちを育くんでいただけたらと思います。それは、他のだれにもできない、あなただけにできる、素晴らしい営みです。

「妊婦さんのあなたへ 整体的に育む 産むチカラといのち」ワークショップでは、快適な妊娠期を過ごし、豊かな出産への準備をして頂けるようなお手伝いをさせて頂きます。

あなたの妊娠、出産、そして、育児を存分に味わって頂きたいと、切に願っています。

Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

Copyright © 2013 VIEW Therapy & Counseling. All right reserved. ​